スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たけのこ狩り

久しぶりの更新となってしまいました。言い訳を言うと、火曜日に更新するつもりが

役場のネットワーク工事でネットが使えなかったからです(役場のPCを使わせてもらってます)。



そんなことはいいとして、日曜日(6/20)に秋山郷の秋山小学校と小赤沢公民館主催のたけのこ狩りに

参加してきました。

たけのこ狩りは、栄村の各集落や校区ごとに、田んぼや畑仕事がひと段落したこの時期(6月~7月くらい)に

ねまがり竹という細長い竹のこをとって、調理して、飲むというイベントです。


竹と呼んでいるけど、竹よりもササに近い感じの竹です。ササ林を掻き分けて、たけのこを探します↓。

とんでもない藪こぎで、ちょっと離れると前の人の姿が見えなくなってはぐれてしまいました…。

まさかこんなに藪だとは考えてなかったので、トートバッグで行ったら竹に引っかかって、とっても邪魔で

大変なことに。しかも直立すると顔の辺りに葉っぱがあるから、腰をかがめなければならなく、結構体勢がキツ

イ。小学生たちがうらやましい…。図体ばかりでかいと不利でした。

DSCF8356.jpg
DSCF8354.jpg



1時間半ほどたけのこ狩りをした後の記念写真↓。秋山小学校の子供たちや先生、小赤沢の方々、その他、総勢30人

くらいで、今年は多かったみたいです。
DSCF8357.jpg


採ったたけのこはみんなで皮をむきます↓。
DSCF8358.jpg

ねまがり竹は、皮の部分や節の部分は食べないので、半分以上は食べない部分になってしまう。ざるの中が食べる

部分、ブルーシートの上が食べない部分。
DSCF8361.jpg

たけのこは、その後の懇親会で、たけのこ汁やゆでたものをマヨネーズでいただきました!コリコリした独特の食

感がグッドです!そのほかにもBBQや焼きそば(炭火)をいただいてしまいました。

懇親会が終わってから温泉に行き、その後は小赤沢集落の方の家で夕ご飯までいただいてしまいました。ごちそう

さまでした。


小赤沢の皆様、呼んでいただいてありがとうございました!とっても楽しかったです!!
スポンサーサイト

秋山校区合同運動会

6/12(日)に秋山小学校運動会(秋山校区合同運動会)に飛び入り参加してきました!

秋山(郷)は、村の中でもひときわ秘境の場所で、役場から車で1時間近くかかる

山深い場所にあります。秘境中の秘境って感じですね、まさに。

秋山郷は、長野県と新潟県にまたがった地域のことで、長野県側には

小赤沢、屋敷、上野原、和山、切明の地区があります。


小学校の現在の生徒数は、6人。長野県内で2番目に生徒数が少ないらしい。

そのため、小学校と地区の運動会が合同で行っています。

苗場山↓(右側の平らな山、2145m)。秋山へ行く道中にて。まだ雪が見えます。

この苗場山のふもとあたりから、長野県の秋山郷の集落が始まります。
DSCF8276.jpg

道端にこんな看板が!(↓)山田さんはよっぽどシートベルトをしないんだろうか…。
DSCF8287.jpg


秋山小学校入口↓。標高は688m↓↓。軽く高山トレーニングですね。
DSCF8289.jpg
DSCF8316.jpg


児童による一輪車のあわせ技。二人、三人、四人とてをつないでいきます。 
DSCF8300.jpg
DSCF8301.jpg


区民の方々による、宝釣り。飛び入り参加の僕も参加させてもらいました。袋の中には…、便利な景品が!
DSCF8307.jpg

赤チームと白(黄色)チーム対抗の競技、玉いれ↓、綱引き↓↓、↓↓↓。
玉いれも綱引きも赤チームが勝ちました(結構圧勝的に)。
DSCF8303.jpg
DSCF8312.jpg
DSCF8313.jpg

ムカデじゃんけん(!?)↓。じゃんけんして、負けた人が勝った人の後ろにつかまって、一列になるまで
じゃんけんし続けるというゲームです。決勝戦は兄弟対決となり、盛り上がりました。ちなみに
僕は2回戦まけ…。そういえばこれ、緑のふるさと協力隊の事前研修の最終日の”旅立ちの夕べ”で
やって盛り上がったやつですね。なつかしい。って言ってもまだ2月しかたってないけど。
DSCF8309.jpg


このあと、大玉ころがしにも参加し、最後は”のよさ節”という、ぼんおどりチックな踊りを見よう見真似で
踊りました。外から見るとたぶん非常に奇妙な動きをしていたんだろうな。お年寄りだけでなく、小学生や
中高校生ももう当たり前のようになれた感じでしたね。
僕の通っていた小学校は全校生徒が、600人くらいだったので、運動会といえば、児童と親御さんという感じでしたが、秋山地区の運動会は、児童と地区のみなさんという感じで(合同運動会なので当たり前といえば当たり前ですが)アットホームな、暖かな感じの運動会でした。競技をやっているそばまでいって写真を撮ったり、僕も適当に片付けを手伝ったり、おおらかな感じ。街の運動会だったらこうはいかないでしょうね。だいたい飛び入り参加なんてありえないと思う。十数年ぶりの小学校の運動会でした。いやー楽しかった。


ちなみに、白チームと赤チームの競技結果は、白チームが勝ちました。

何十年か前の農機具

先日、更新できなかった骨董品的農機具の紹介です。

地震により、納屋を取り壊すことになったので、そこに保管してあった古い

農機具などを別の納屋に移動しました。↓はさらに別の納屋です。ぺちゃんこになっちゃってます…。



農機具を移動させた納屋(元牛舎)の内装。一見フルそうだけどまだ3・40年しかたってないらしい。木造だけど、柱とかがちゃっちーとのこと。結構立派にみえるけども。
栄村の家はどれも積雪の重みに耐えられるように柱とかすじがものすごい立派です。だから地震の被害がこれだけですんだとの声もよく聞きます。だからちゃっちーくみえるんでしょうか!?

DSCF8234.jpg


柄の部分が手作り。でこぼこがあって帰って使いやすいかも↓。
DSCF8240.jpg

荷車。車輪も木製ですね。
DSCF8242.jpg

名前は忘れてしまったけど、木材を運搬する道具。↓は刺して、↓↓は輪の部分にはさんで使用。
DSCF8238.jpg
DSCF8239.jpg

そり。冬の積雪時に木材をこれ積んで滑らせて運搬したらしい。
DSCF8244.jpg

馬や牛にこれを引かせて田んぼを耕す道具。
DSCF8233.jpg

わら細工の履物。雪の多い栄村では、昔は冬期にわらで履物やカゴなどいろんなものを作ったらしい。
DSCF8235.jpg

こちらは少し新しいもの。稲を刈り取る道具。今はコンバインが主流でわらもなくなったらしく、わら細工の文化も原料も消えかかっているみたい。なんかもったいない気がします。
DSCF8236.jpg

スキー板。木製です。お手伝いに行った農家さん(!?)は80歳手前で、子供の頃に使っていたという品。
だから60~70年前のものかな!?
DSCF8245.jpg


このほかにもまだまだ、たくさんの道具がありました。よく残ってたものですね。

農家さんいわく、この場所に村の生活があった証になるのではないか、と。

農家さんの集落は、6戸(たしか)、地震により仮設に入った人もいるようで、10年後

集落がどうなっているか…という状態。このブログをみてくださっているみなさんに

ぜひとも知っておいてほしいです。

栄村ファンクラブのみなさんのご来村

今日も暑かったけど、午後からは雷がなりざーっと雨が降りました。

仕事内容は、納屋の整理とバナナかぼちゃという細長いかぼちゃの種まき作業。

納屋は震災で取り壊すということで、別の納屋へ。何十年か前に使われてた農機具(骨董品?)

とか、わら細工とか、かんじきとか、木製のスキー板とか古いものがたくさん。こちらは後日更新します!



先週土曜日(6/4)に栄村ファンクラブの皆さん36名が、おみえになるということで、山菜料理でおもてなしをする

お手伝いをやりました。数年前から毎年、春と秋に、春は山菜、秋はキノコの料理をタンポポの会のみなさん(と

いっても3人ですが)が作って食べてもらうという交流をしているそうです。今年は震災があったので、来てくれる

人なんていないんじゃないかな、と言ってたけど、たくさんの方が来てくださいました!



13時に食事を出すために、朝9時から準備スタート。タンポポの会の奥様方に特訓してもらいました。


赤飯を包んで香り付けをするための、朴(ホオ)の葉。大きいもので50 cmはあるくらい、大きい葉です↓。

取ったばかりの葉を布で拭きます↓↓。撮ってばかりだと自分が写らないので、撮ってもらいました。手が写っち

ゃってますが、ご愛嬌で。

朴(ホオ)の葉
DSCF8142.jpg

12時前になり、なから(だいたい)完成したので、先にわけしょ(若衆;男性)に食べてもらいました↓。

メニューは、ウドのえ胡麻和え、ねまがり竹の味噌汁、あさづき(ねぎのような野菜、写真左上白いの)、アスパ

ラガスなどなど↓↓。
わけしょの食事
山菜フルコース

予定より30分くらい遅れて食事会がはじまりました。数年来のお付き合いということで、みなさんにもお茶を入れ

ていただいたり、手伝っていただいてしまいました。食事後にお一人づつ、自己紹介と一言をいただきました。

美味しかったと好評をいただき、また、被災への励ましのことばをたくさんいただきました!ありがとうございま

す。ついでに自分もすこし活動のことを喋らさせてもらいました。
 
食事会

お手伝いの日当ということ(笑)で、料理の余ったのをたくさんいただきました。

秋には秋山郷でキノコバージョンがあるようなので、そちらにも絶対参加します。ファンクラブの皆さん、お待ち

してます!


苗場山の山開き

ここのとこ忙しくて(さぼってたわけではないはず・・・)更新ぜんぜんしてませんでした。

6月に入り、栄村も梅雨入りしたこともあり、このところ雨が降る日が多いような。

今月最初の仕事は山開きイベントのお手伝い。この日山開きしたのは、苗場山(2,145m)、

鳥甲山(とりかぶと、2,037m)、佐武流山(さぶりゅう、2,192m)の三山。山開きしたといっても

冬山登山の装備がいるらしい。苗場山はなだらかな山で、600haの湿原(めちゃくちゃ広い)と高山植物

が咲く、とても風光明媚なところだと聞くので、絶対登ろうと思ってます。できれば全部登りたい。


あいにくのお天気でよくわかりませんが、晴れてたら鳥甲山が写っていたはず↓。鳥甲山は険しい感じの

山で、特に秋山郷方面から見ると絶壁のような見てくれで、かっこよかったはず。

鳥甲山

晴れてたら、こんな感じだったはずです。たぶん鳥甲山(4月中旬)。
鳥甲山

山開きの神事は苗場神社↓で行いました。
苗場神社

山開き神事
山開き神事
この一年の厄払いのために、沸騰したお湯を笹の葉で参拝者にかける行事。自分もかけていただきました!

最後だったのでそんなに熱くなかったけど、一番最初の人はたぶんかなり熱かったんじゃ。


赤飯
神事の前に、食事会の準備をしました。↑は赤飯を栃の葉で包んでます。

栄村は山菜がおいしいということで、この日のメニューは、山菜のてんぷら(またたび、山葡萄、たらの芽、山ウ

ドなど)、ねまがり竹の味噌汁、イワナの塩焼き、赤飯でした。が写真を撮り忘れました…。

神事後の食事会
この日の参加者は、来賓・一般参加者合わせて80人ほど。まあまあ忙しかったけど、山菜のてんぷらやイワナを

腹いっぱい食べさせていただき、たくさんテイクアウトもいただきました!

プロフィール

nitakita

Author:nitakita
和歌山県出身22歳♂
緑のふるさと協力隊活動記録
ぼちぼち更新します

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。